忍者ブログ

ちゃんちゃらおかしいよ

ミスチルとぶいろくに振り回されながら、楽しかったり辛かったりすることを書いてゆくよ。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

言いたいことはひとつ。ありがとう!

久しぶりのブログ更新です。
いつ振りかももうわからん。

そんなこんなで最近自分の心情が大きく変わってしまったのでその話。
昨日行ったライブの話中心に。
主に、うたプリという作品についての話なので、興味のない方はバックね。
あと自分用なのですっーーーーーごく長いよ!
よろしく!











どうしても昨日の思い出を文字で残しておきたくて。
しかし、最近記憶力があまりよろしくないので、いつも通りライブレポまがいのものを書きます。
キャストさんが言ったことはそういうニュアンスで。


去年の夏ぐらいから、声優の森久保祥太郎さんという方にはまっておりまして。
私はハマると周り見えなくなっちゃうタイプなので。
とりあえず、森久保さんが出てるアニメとかの作品に片っ端から手を出したわけですね。
その一つがうたプリだったわけですが。
うたプリはアニメ一期が放送したときにハマっていましたが、ゲームのシリーズが多すぎてどれやったらいいかわからん状態で、結局ゲームには手を出さなかった。
ちなみに、森久保さんがやっているキャラはアニメは二期からの登場なので一期の時はお目にかかっていません。
そんなこんなで何年振りかにうたプリを二期から四期まで一気見したわけですが。
案の定見事にハマったよね。
うたプリは、アイドルを題材にした作品なので、歌うまな声優さんばっかりで、楽曲も個人的にすごく好きなのが多いのです。
かくゆう森久保さんも歌うまで声も好きだしってなったら、もう好きになるしかないよね。
森久保さんが演じているキャラは寿嶺二と言って、昭和感溢れる昔アイドル風。
言葉づかいも「ちょっと古くない?」って感じのものばかり。
アニメで第一声が「よろしくマッチョッチョ」だったとき、正直、「このキャラは(自分が好きになること)ないわ・・・」と心の底から思いました。
しかし、その後、刺さるポイントがいっぱいあってね。今は大変大好きです(笑)

あ、言い忘れていたが、私はまだゲーム未プレイです。
この前、中古500円でレイちゃん(彼がそう呼んでくれと言っているので←)が出てくる最初のシリーズを買ったのですが、PSPさんがご機嫌斜めで全く前に進まず途中で投げてしまいました。
いつかVitaに移植されたらやり直したいです。その前にリピラブを買わねば。

そんな感じでアニメから入り、順調にハマっていたわけですが。
うたプリは、アイドルを題材とした作品ですので、現実の世界でも、ライブイベントというものが行われているのです。
通称「プリライ」去年で5回目になります。
主要キャラクターは全部で11人(5回までの段階で)なので、11人の声優さんが一堂に会するわけです。
この辺を詳しく書いていくと、今日寝れなくなっちゃうので、割愛。

私は、ハマったのが遅いのでライブ事態に参加したことはないのですが、森久保さんが出演する3~5はBDを買って見ました。
パフォーマンス力の高さにすっかり圧倒されてしまい、いつかやるなら参加してみたいなぁと思うようになったのです。

去年アニメの四期が放送されて、そのさなか、衝撃的な発表がありました。
森久保さん演じる寿嶺二は、QARTET NIHGT(通称カルナイ)という4人組グループを組んでいるのですが、その4人の単独ライブが3月12日(つまり昨日)行われるとのことでした。
この発表が出たときに、「絶対行きたい」と思いました。
場所は国際フォーラムホールA。
トニコンで通い詰めたお馴染みの場所です。
キャパは5000人弱。
作品をよく知らない人は想像しにくいと思うんですが、これ絶対に当たんないよ!な規模です。

そのチケットを申し込む方法は12月に発売されたカルナイのシングルCDについてくるシリアルコードで最速優先申し込みができるとのこと。
実質これで取れないと他は絶望的とまで言われておりました。
中には、チケット欲しさに3ケタを超える購入をした人がいたり。
そのおかげもあってか男性キャラ名義で初のオリコントップ1位も取りました。
私は、シリアルコードのためだけに複数買いするということは今まで一度もしたことがないので、今回も、特典のためだけに買った2枚で勝負。
運命の1月抽選発表の日。
私は別のイベントに参加していたのですっかり当落のことを忘れていたのです。
ちなみに、この日も森久保さんに会いに行っていた(笑)
イベント終了後、何気なくメールを開いたら、一通目は「残念ながら」の文字。
まぁ、そりゃそうだよな。と軽率に二通目を開いたら、「用意いたしました」の文字。
実感も全くわかずに、二度見、三度見、四度見。
倍率50倍とまで言われた(誰がどう計算したかわからんが)のあたりを引き当ててしまったのです・・・。

その後、手放しで喜べないことも色々あったけど、何とか昨日という日を迎えられました。
すっごく長くなったけど、ここからが昨日の話です(笑)

前日が仕事で、寝たのは午前2時前。
今回のライブでは、グッズ販売の会場とライブ会場が別のとこでした。
ブイとミスチルのライブを経験している身としては、考えられないんですが。
うたプリの物販は始発で行かないと買えないのが普通らしい。
これマジなんですよ(笑)

そこで私も、3時半に起床し(睡眠時間察してください)、暗い夜空をバックに車を最寄りまで走らせました。
物販会場に到着したのは、6時半ごろ。
その時点で200人ぐらいは前にいたのかな。こういう計算苦手なので適当です。
注文票にあらかじめ欲しい商品を書いておいて、物販開始を待つ。
開始されたのは8時ごろから。私がすべての買い物を終えられたのは10時ぐらいだったと思います。
ちなみに、買おうとしていた物の一つであるレイちゃんの緑のバングルライト(腕につけるライト)は私が買う前に売り切れました。
始発でも買えないって結構キツイよね。
私は光物にそこまで執着がないので、ショックはあまり受けなかったのだけど。
あ、ちなみに、うたプリではブイと同じようにキャラごとにイメージキャラというものがあって、グッズはそのカラーで種類わけしてたりします。
レイちゃんは緑です。
バングルライト以外は全部買えました。

その後色々と時間をつぶし、いよいよライブ会場へ。
トニコンに言ったのは大学のときだと思うので、そこから考えると結構久しぶりな感じです。
しかし、何も変わっていない!(笑)

私の席は、一回の後方。二階席が屋根のようになっています。
それでも舞台までの距離は近く感じる。

ペンライトとかタオルとか双眼鏡とか構えて準備オッケー。
今か今かとドキドキしながら待ちます。

キャストさんの紹介をしておくと。
森久保祥太郎さん(寿嶺二役)、蒼井翔太さん(美風藍役)、前野智昭さん(カミュ役)、鈴木達央さん(黒崎蘭丸役)の4人です。

私は曲を順番通りに記すということはできないので印象に残っているところだけ。
記憶も曖昧だし、間違ってることもあると思いますが、あしからず。

まず。初めのオープニング映像。
何ですかあれ。もうみんなカッコよすぎてもう一回見たい。
森久保さんが登場したときに帽子被っていたので、見事に死にました・・・。
しかも、4人ともがキャラになり切った演技をしていて、本当にカルナイの4人が現実の世界に飛び出してきたかのような演出に痺れました。
光に向かって歩く4人の後姿とか。ダメなんだって。ああいう影をふんだんに使った技巧は弱いんだって!

The dice are castのダンス5thのときより増えてたような気がした。
レイちゃんのダンスがキレッキレでもうホント惚れ惚れしたよ。
サビのとこの4人の息もぴったりだったし、手を振るとこ何か感無量でしたよ。

レイちゃんのソロ曲の愛しき人への傘の操り方が華麗で胸刺されました。
溺愛テンプテーションでは、他の3人がまさかの前振りやってくれるし。
何なんですかあの仲良し加減。
Hurray×2ドリーマーはやってくれると思ってましたが、あそこまで楽しく盛り上がる曲だとは思ってなかった。
キスはウィンクでは生でずっと見たいと思っていた曲だったので、見れて本当によかったです。
楽しそうにはしゃぐ森久保さんが本当にレイちゃんそのもので、パフォーマンス力の高さを改めて感じました。

カミュさんのDouble faceはまさか歌うとは思ってませんでした。
だって、あれ1人2役の歌だから、ライブでは無理だろうと。
歌うならどっちかCD音源だろうなと思っていたんですが、前野さんの力半端なかった。
ちゃんと1人で2役こなしてたんですよ。歌で。
あれはホント感動した。
大好きなAURORAも聞けたし。今までのプリライやスターリッシュ(後輩ユニット)を思って曲中に歴代のリングライトをはめていく様は素敵すぎました。

藍ちゃんのWinter Blossomでは、イントロの冒頭を蒼井くんがピアノで弾き始めるし。
最期まで弾くのかなと思ったら、途中でやめて観客の笑い誘うし、そのあとに「笑って」って微笑み・・・。
反則すぎるやろー!!この曲は切ない感じのラブソングなので、どうしても大切な人に笑ってほしいっていう気持ちが溢れている演出に感動しました。

蘭丸の「リベンジだ!」の掛け声で始まったONLY ONEでは、完璧なダンスを披露してくれるし。
プリライ5thで怪我をして不完全だったものが、この日に完成したような気がしました。
No.1は私も全力でシャウトしましたよ!

5thライブのときと同じ振り付けだったエボリューション・イヴ。
感想のところの個人ダンスを生で見れるとは。
しかも、今回は完璧な状態で。
マリアージュのサビのダンスの息もぴったり。
ポワゾンKISSとStarlight Memoryを歌われたときは好きすぎて死ぬかと思いました。
QARTET NIGHT!って一緒に歌えたとき嬉しくてしょうがなかった。
God's S.T.A.RとKIZUNAはアニメで見た映像そのまんまみたいですごかった。
ラストの曲You're my lifeもってくるのは反則だなと思いました。歌詞のひとつひとつがまだ終わりたくない、もっと一緒にいたいっていうお客さんとキャストさんの想いを代弁してくれてるみたいで。
ラララ~のとこ声がガラガラだったけど、もっと!って言われたら歌わないわけにはいかないよね!
ぶっちゃけ、私前半の2曲で喉死にました(笑)

それぞれの印象的なお言葉。
森久保さん「4人で声合わせるのが大好きなんだよ!」「翔太は一番アイドル!俺たちにアイドルとは何たるかを教えてくれる!」「達央は一番熱い!」「前野は一番の努力家!」「このライブは僕たちからの恩返しです」「まだ終わりたくなーい!(って言って階段に寝っ転がる森久保さんが可愛すぎた)」
達央さん「1年前に怪我をして、蘭丸を傷つけてしまったことを本当に申し訳なく思っている」っていうのを聞いて、達央さんは本当にこの作品を大事にしているんだなっていうのが伝わってきました。蘭丸好きな人たちにとってはこの言葉すごくすごく響いたと思います。
蒼井くんは一番新人で不安だったとおっしゃっていましたが、何とかして藍ちゃんに近づこうと一生懸命な蒼井くんはもうなくてはならないキャストの一人だと負います。
前野さんは、声優のお仕事以外、音楽活動なんてものはやっていないし、この作品で関わることは初めてだらけでと言っていたけれど、森久保さんが言ってるみたいに、とても努力家で、カミュさんに近づくために、色々なことをやっているのは知っているし、本当に本当にすごい人だなと感じます。

いつか終わりがくるけど、ここにある今を大事にしたいっていうキャストさんの気持ちはこのライブで十分に伝わりました。
次があるのかもわからない。それでも、昨日という日にあの場所にいることができて本当に幸せだったなと思います。

語彙力も足りないし、文章もめちゃくちゃになったけど、どうしても昨日感じたことはできるだけ残しておきたかった。
音楽ってやっぱりいいな。
そう心に深く感じさせてくれるライブでした。

本当にありがとう。

拍手[1回]

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

ブログ内検索

プロフィール

HN:
しゅん
性別:
女性
趣味:
幸福を追いかけること(笑)
自己紹介:
ミスチル桜井さん、ブイロク岡田君、に常に落ちてます。

日々、楽しく生きようと奮闘中。ほとんどが、奮闘しすぎで空回り。

あしあと

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

[01/06 しゅん]
[01/02 あー坊]
[10/28 NONAME]
[10/28 しゅん]
[10/28 NONAME]
[06/29 しゅん]
[06/25 あー坊]
[07/11 しゅん]
[06/30 あー坊]
[05/02 しゅん]

アクセス解析