忍者ブログ

さめかん。

推しに振り回されながら、楽しかったり辛かったりすることを書いてゆくよ。

秋のふれあいイベント2019~東伊豆に決めた♪~1日目

このブログを書くのは何年振りだろうか。
今回はどうしても記録に残して置きたくて、数年ぶりにログインしてみた。
サーバーが閉鎖されてなくて良かった。

今回は!
ここ4年で推しに昇格してくださったしょーたろさんのFCイベントについてしるそうと思います!
盛大なネタバレを含みますので、嫌な方はブラウザバックでお戻りください!
このセリフも久々に書いたわ(笑)
イベントの内容以外の個人的な過ごし方も含ますので、推しのことだけ知りたい人は別の人のレポ見に行ってください。
最後に、楽しすぎた2日間だったので恐ろしく長いです!
まだ1日目しか書き終わってないので2つの記事に分けました。
ここまで読んでいただいてわかる通り、私は余計なことが多いのです。
ご容赦ください。












『秋のふれあいイベント2019~東伊豆に決めた♪~』
最初このタイトルを見たときに、「ポケモンか?」と思ったが、その理由はイベント中にわかることとなる(笑)


バスツアーAコース1日目(10/5 土)。
2年前のバスツアーで仲良くなったメーテルさんと念願叶ってやっと一緒に来られることになった。
ひゃっほーい\(^o^)/

東京駅近くの駐車場集合。
バスに乗り込むと同時にアイホンとスマホを構える2人。
何を隠そう、この日はオトメイトガーデンカラマリコラボのチケット発売日だった。
10時になった瞬間にタップを開始する。
私→決済画面にすら行けず撃沈orz
メーテルさん→決済画面まで行けたけど取れず
という感じで、イベントが始まる前に私たちのひとつ目の戦いは幕を閉じた。
悔しさのあまり、「しょーたろーよりもカゲユキに会いたい…」と口走ってしまった私をどうか許してほしい。
私たちが乗ったのは、3号車で座席は左後ろ寄り。
推しが拝めるならぶっちゃけ席などどこでもいい。
ちなみに、このイベントに参加したことのない人のために補足しておくと、推しは行く先々で、野生ポケモンのように普通に目の前を通りすぎたりしてくるので、今後参加予定の人は替えの心臓を持参することを強くおすすめする。

出発時間間際、「2日間よろしくねー」と挨拶がてら推しが登場。
相変わらず服装が若い。黒い帽子が最高すぎる←帽子フェチ
何はともあれ、東伊豆に出発!
 
メーテルさん家のヴェルと我が家のヴェルで2ショット!
名札は今年新調したやつ。

出発してすぐ添乗員さんが、「DVDをお預かりしています」とのこと。
説明しよう!
このイベントでは移動中のバスの中でも飽きないように毎年様々な工夫が凝らされているのだ!
今年は、福島でのイベントの様子を録画した映像が流れました。
音がなかなか聞き取りづらかったけど、面白かった!
そのあとは、ひたすらライブDVD。
推し好きな人ばっかりで一緒にライブ見るの良いよね(*´∀`)

海老名PAで一度休憩。
PAに来たら、ソフトクリームだろ!ということで、仲良く食べた♪

その後しばらく走り、昼食場所の「鈴廣かまぼこの里」へ。
ここで、最初の推しとの接触タイム!
昼食は、だだっ広い食堂のようなところでするのだが、その入り口にいる!

推しが!!


推しの「いただきます」の合図で昼食開始。
かまぼこはもちろん、おでんやお豆腐もあり、大変美味だった。
ちなみに、同じ空間で推しも食事を共にしている。席が近いとつい目がいっちゃうよね!
私背中向ける席でよかった!食事に集中できた!←
しかし、サービス精神大勢な推しは自分の昼食を早々に切り上げると各テーブルを回ってお話しするのです。
私は奇しくも通路側。推しがめちゃくちゃよく見える!!
私のちょうどお隣の2人組(お母さんと中学生の娘さん)が初参加だったようで、
推し「慣れた?」
この質問愚問だと思う。慣れるわけなかろうっ!!
まだ慣れてないと娘さんが反応すると、
推し「大丈夫!すぐなれるから!そうだよね!」
と他のクラッパーに同意を求める。
この時、目線バッチリ合わせられて「すぐ慣れるよね!」と同意を求められる私。
目が逸らせない。困った。何これ。時が止まったかのよう。
必死で首を縦に振って同意した私を褒めてやってくれ。
瀕死の重症を負ったが何とか生き残ったぞ…。
自分では全然意識なかったけど、このときメーテルさんに目線で助けを求めていたらしい(笑)
ちなみに、クラッパーとは、推しFC「Cl/a/p! O/N」(検索避け/)に加入している人たちをそう呼ぶ。
オレンジのネックストラップが目印だぞ!

食事のあとは同じ館内にあるお土産屋さんにくり出した。
いわゆる自由時間であるが、この時間に推しがそこかしこに出没する。
私はメーテルさんと夜に備えて何か良い飲み物があれば買おう的な感じで、ウロウロしていたのだが、気がつかぬ内に推しの横を通りすぎていた(笑)
しかも、そのとき「さめかんちゃん」と名前を呼んでくれていたらしいことをメーテルさんに聞かされて、驚き撃沈した。
自分の耳で聞いていたら即死だったかもしれない。

ここでは、結局飲み物は買わず、ジェラートを食した。
本日2度目のアイスである。
メーテルさんに「南イタリアに来たみたい」と話していたら、売り場の女性が「そう言ってもらえると嬉しいです!」と大変喜んでくれた。
ギルが食べていたから出た言葉だったが。
ありがとう、ギルバート(ピ/オフィ/オ/ーレ/の晩/鐘)。
君のおかげで一人の女性を笑顔に出来たよ。

メーテルさんはリンゴ味で、私はカボチャ味にした。
何を隠そう私はカボチャスイーツに目がない。
日本酒を少し使っているらしいが、香りづけぐらいでどちらもとても美味しかった。

「かまぼこの里」からホテルに向かうバス。
いよいよ3号車に推しが乗ってくる。
このイベントではバスに推しが乗り込んでくる←
このとき乗り込んできた推しに、「東伊豆に決めた♪のキャッチコピーは今夜泊まるハトヤホテルのCMにちなんでいる」と教えてもらった。
そんなCM私は見たことがない…。
何はともあれ、先頭座席に乗り込んだ推しは、イベント開催前に事前に取ったアンケートの質問などに答えてくれる。
質問を読まれると推しと会話したりできる。
私はまだ経験がないが、個人的に非常に心臓に悪い。
でも、いつか読まれたいな…なんて←
面白い話からためになる話まで色々質問があったはずなのだが、この時間で覚えていることは、カメ。
この日、関東地方は真夏のような暑さで、海岸にはビキニのお姉ちゃんやサーファーが海水浴を楽しんでいた。
何気なくビーチに目を向けていたら、明らかに人じゃない物体が。
海ガメだ。
どうやら、夏と勘違いして出てきてしまったらしい。
その頃推しは「自分の事務所に入られるなら誰が良いですか?」という質問に答えていた気がする。
推しが真剣に質問に答えるなか、クラッパーの「カメ!」「カメ!!」の声が飛び交う。
誰も話聞いちゃいねぇ(笑)
ようやく空気がおかしいことに気がついた、推しがクラッパーの声に気づくと、一言。
推し「カメ!?」(裏返った声)
みんなあの時は言語が赤ちゃん返りしていた。

そんなこんなでホテルに到着し、チェックイン。
ホテルからの愛を感じる。

お部屋も2人で使うには広くてかなり快適でした。
さあ、化粧直しをしてこのイベント一番の接近戦へ出陣…。
命を落とす覚悟で参ります。

そう。
ツーショット撮影会です!
ツーは誰かって?
推しとクラッパーだよ!!推しに近づける喜びと近づきすぎてその身が焼かれてしまうのではないかという恐怖と戦いながら一つ一つ歩みを進める。
順番に並ばされ、手に推しへの想いを書きなぐった手紙を握りしめながら、震える足を懸命に前に動かした(小説かよ)
ちなみに、この撮影会は
A「推しと握手をする」
B「推しと腕を組む」
C「推しに肩を抱いてもらう」←表現が違うがおおむね正解
D「なにもしない」
からポーズを選ぶことが出来る。
D「なにもしない」が未知すぎて私は今だかつてこれを選んだことがない。
選択したことがある人はどんな感じなのか教えてほしい。
家族写真みたいにただ並んで撮るだけということだろうか…。
私の攻略歴は、初参加→肩を抱く、2回目→腕組みだった。
握手は正直首脳会談みたいになりそうだし、今年握手会行っているのでなしとした。
よし、今年はCだな。と心に決めた。
3年前の初参加から、私はこのとき必ずある病を発症します。

「帰りたい病」
【主な症状】推しが目の前に来たときのことを想像すると身動きが取れず、頭がパニックを起こしてすべてを投げ出して帰りたくなる。なお、これは握手会などでも同様である。

初参加のときから、並んでいる最中に「帰りたい…」を連発し、メーテルさんに爆笑されたのだ。
しかも今回は、心を許せる相方メーテルさんがいたため、直前まで(メーテルさんに)手を繋いでいてもらうという大人とは思えない行動までセットだった。
それをしたために自分の順番が来たときに出遅れた挙げ句、係りのお兄さんに「ポーズAですか?」と勘違いされた。
推しの前に立つガチガチな私。(ちなみに、並んでいる最中真斗くんの『武者震いが止まらない♪』を口ずさんでいたので、推しに「武者震いが止まりません!」と言おうか悩んだ←)
手紙を手渡して、
私「お名前間違えちゃいました!すみません!」
と一言。
私は、宛名の最後の「郎」の右側をあろうことか「良」にしてしまったのだ。
そんな失態初めてだったが、ケチ臭い私はそのまま提出した。
受け取った手紙を老眼な推しが、目を細目ながら遠ざける。
これは見えていない…。
見えてないなら言わなきゃよかったと思ったが、後の祭りだ。
このまま行くしかない。
「良い人なので、「良」にしちゃいました!」と言った私に推しは、
「それは、良い人だから仕方ないよね!」と満足そうに笑ったのであった。
この私の台詞は直前でメーテルさんが伝授してくれたものだ。
メーテルー!ありがとー!!(by鉄郎)
その後、
「ポーズはどうする?」
「Cで!」
の流れでスムーズにことが進み、最後に優しい握手を交わしてガクブルの足で会場を後にした。
出口付近でメーテルさんを待っている間、出口からガッツリメーテルさんの撮影風景が見えてしまったので、何かいけないことをしているような気分になってそっと目を逸らした。

ツーショット撮影会のあとは夕食まで空き時間があったので、メーテルさんと買い出しに出ることにした。
ホテルを出るときに中国系の従業員のお姉さんが快く、先程の「歓迎」の看板の前で私たち2人の写真を撮ってくれた。
とても可愛らしい方だった。

ホテルからしばらく歩くと、道の駅にたどり着いた。
そこで、お土産やら、夜のふれあいイベントのための飲み物を調達した。

お茶のコーラ!
味が全然想像できなかったけど、開けた瞬間にお茶の香りが漂ってきて大変美味だった。
お部屋に帰ってからは、お部屋の中を散策したり、お人形撮影会を開催したり、いい大人2人ではしゃいだ。
まいらす色の歯ブラシセットを発見したときは、自分でも呆れるほど興奮した。
 
この時間にメーテルさんに、ハトヤのCMを見せてもらったが、やはり見覚えはない。
きっと私の住んでいる地域では放映されていないようだ。

夕食は畳の大宴会場。
ふれイベ初の和式!!(笑)
推しも「これはスゴい…」と苦笑いしていたほど。
しかし、料理は非常に美味しかった。
魚介類苦手だけど、本当に美味しかった。

この写真だとほとんど蓋がしてあって何もわからない。
さすが私だ。センスなし。

夕食のあとは、別会場に移動してのトークショー的なものを開催。
食後のデザートに甘夏ゼリーとお紅茶が出た。

甘夏ゼリーを食べてメーテルさんが「美味しい!」と感想を述べたのだが、私は相当脳が疲れていたんだな。
同じタイミングで食べたのに、3秒ぐらい遅れて旨みセンサーが反応した。
あのときのことを文字で表現できないのが残念だ。
自分相当面白いことになっていたと思う(笑)
でもねぇ、あれホント感動ものだよ。
突然、「旨い!」って感覚が現れるんだもん。
そんなことはどうでもいい。

ここでは、だいたい2時間ぐらい推しがショーを開催する。
色々あってめちゃくちゃ楽しい。
気になる人は、是非ともクラッパーになって一緒に行きましょう!
ここで唐突に推しが「来年沖縄に行くよ!」と宣言。
事前アンケートで今後どこに行きたいかと書いてもらったところ、沖縄が非常に多かったらしい。
それを見て、この旅行中に決断したらしい。
推しの決断力が男前過ぎて惚れ惚れする。
会場のクラッパーが貯金とダイエットを誓った瞬間だった。
そして、ショーの時間がかなり押していたため、推しが退場するときにスタッフさんに「走ってください!」と叫ばれる始末。
急ぐ推しが大変可愛かったことをここにご報告します。

ショーのあとは1日目最後のお楽しみであるグループトーク。
推しと何人かのクラッパーが同じ場所に集まって話をする。
私は、夕方に買ったお茶コーラを持参した。
乾杯のとき蓋が開かなくて超焦ったが、
推しはちゃんと待っててくれた。優しい。
ここでも推しに色々と質問できる。
私がいた回はとにかくママさんが多くて、推し置いてけぼりで井戸端会議が開催されるほどの盛り上がりを見せていた(笑)
しかし、とてもアットホームな雰囲気で、私の緊張も幾分かほぐれた。
行くなら、今しかない。
推しの「many questions?」の問いかけを合図に恐る恐る手をあげた。
このときまた「さめかんちゃん」と名前を呼んでくれたらしいが、自分の心臓の音で全然聞こえなかった。
「私は、人前でしゃべる仕事をしているのですが、人前でしゃべるときに緊張しないんですか?」
と質問したのだが、質問している最中で時間切れの合図が鳴ってしまい、切り上げようと思ったが、推しが「いいよ、言って」と優しく促してくれた。
神か。神対応か。
当初は違う質問をしようと思っていたが、夕食のときの大宴会場のときに、何百人の前でも堂々と振る舞っている推しがスゴすぎて聞いてみたくなったのだ。
質問にたいして、推しは最初、
「緊張することないな…」
と言っていたが、ママさんたちが「あのとき緊張するって言ってたよ!」「あのときも!」と援護射撃をしたため、最終的に
「じゃあ、あるわ。緊張する!」
と答えを変更。可愛いぞ←
気を取り直して。なぜ緊張しないか。
「イメージトレーニングをしているから」
ある程度起こることを想定しているので、柔軟に対応できる。
普段イベントで起こっていることは想定内の出来事らしい。
その答えにとてもしっくり来た。
だから、なんでも下準備が必要なんだよな。
やっぱりこの人スゴいやと思った瞬間だった。

グループトーク終了後は大浴場へ!
お魚風呂なるものがあるとのことだったが、時間が遅くなると水槽の明かりが消されてしまい、お魚が全然見えたかったのには笑った。
私はひどい近眼なので、めちゃめちゃ近づかないと見えないのだ。
明かりが消えているためまったくもって見えない。
でも、露天風呂もついててとても気持ち良いお風呂だった。

その後は、明日の支度をして早々に就寝した。
次は2日目だぜ!!

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ブログ内検索

プロフィール

HN:
さめのかんずめ
性別:
女性
自己紹介:
ミスチル桜井さん、声優森久保祥太郎さん、に常に落ちてます。

日々、楽しく生きようと奮闘中。ほとんどが、奮闘しすぎで空回り。

あしあと

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

[01/06 しゅん]
[01/02 あー坊]
[10/28 NONAME]
[10/28 しゅん]
[10/28 NONAME]
[06/29 しゅん]
[06/25 あー坊]
[07/11 しゅん]
[06/30 あー坊]
[05/02 しゅん]

アクセス解析